事業案内|私たちの仕事

  • ガス機器・真空機器の販売
  • ガス配管設計・製作
  • 真空配管設計・製作

流体機器全般(ガス機器・真空機器)の知識と発想、及び人脈を生かし、お客様の時間の節約、価格競争力の向上、商品開発力の向上に貢献します!

ガス機器・真空機器の販売

主な取り扱いメーカー

マスフローコントローラー/マスフローメーター・フローメーター
配管継手・バルブ・圧力計測機器
真空ポンプ・真空計・ヘリウムリークディテクタ
クリーンルーム/クリーンブース・クリーンユニット

ガス配管設計・製作

導入事例

ガスパネル(マスフローパネル)・ガスボックス(マスフローボックス)
ガス配管(特殊ガス配管・分析用ガス配管・工業用ガス配管)現地配管及びプレハブ配管

真空配管設計・製作

導入事例

真空配管(ICF・KF/NW・VG/VF)設計製作
真空チャンバー設計製作

主な取り扱いメーカー

導入事例

CASE 1MFCユニット(某国立大学)

依頼:ガスをパージメータで手動制御していたが、PC制御するためにMFC化したい。

問題点:単純に設計すると、MFCが12台必要な計算になる。ガスディーラー、MFCメーカーの二社に見積依頼をしたが高額の為断念していた。

御提案:MFC化の目的がPC制御との事なので、それほど精度は求めて無いと推察。使用機種のC/Fから、AラインHeとArは共用可能と判断。これによりMFCを2台削減。Bラインについては、同じくMFC2台削減の場合、混合比によっては誤差が大きくなる為、許容できる誤差・希望混合比のバランスをご相談の上調整。当初見積に比べ約100万円のコストダウンにて納入。

CASE 2H2希釈システム(某私立大学)

依頼:H2を爆発下限界以下に希釈したい

問題点:真空装置に供給後のH2を希釈したいとの御依頼の為、ガス屋には装置構造が分からない事を理由に断られ、装置メーカーにはガス屋に依頼するよう断られた。

御提案:真空装置構成・ポンプ構造が分かったためN2にて下限界以下希釈後排出ライン御提案。フロー図一式にて納品。

ページの先頭へ